摂食障害の治療に有効なクリニックのカウンセリングとは?

摂食障害の治療で不妊を回避~まずはカウンセリングから始めよう~

下を向く女性

摂食障害は不妊の原因となり得ることをご存じでしょうか?特に20代の若い女性は無理なダイエットで摂食障害を起こすことが多いです。大切なパートナーとの将来のためにも、カウンセリングで不妊を回避しましょう。

カウンセリングで摂食障害による不妊を避ける

摂食障害を治療する上で、クリニックでカウンセリングを受けようとするのは大きな前進です。摂食障害の治療のためには、まず自己肯定感を高める必要があるのですが、カウンセリングを受けて自分のことを話すと、自分の良さを人に認めてもらうことができたと感じ、自己肯定感が増します。

【原因を探る、心理療法(カウンセリング)】精神療法(個人精神療法)、認知療法、対人関係療法ともいわれる治療法で、従来はおもに薬物療法と併用されてきましたが、最近では栄養療法との連携が注目されています。

引用元:摂食障害(過食症・過食嘔吐・拒食症)治療のおすすめクリニック・病院

また、摂食障害においては上記の通り治療法の有効性が確立されています。ですからめ、カウンセリングで妊娠や出産を希望している事や摂食障害のことを正直に話すことで自己肯定感が引き出され、前向きな気持ちになれます。

カウンセリングは心をほぐす場所

ハート

カウンセリングの目的は、問題となっている根本原因を解決するきっかけ探しをするということです。肩が凝ったらマッサージでほぐすのと同じで、カウンセリングは凝った心をほぐす場所なのです。カウンセリングの場では、摂食障害のことを責められそうで怖い、話たくないと感じる人もいるでしょう。そういう人は、無理に話す必要はありません。触れられたくないことは、「言いたくない」と言って大丈夫です。

事前に質問事項を知って恐怖心をなくす

摂食障害のカウンセリングでは聞かれることが決まっています。吃音症でカウンセリングを怖いと感じるのなら、事前に知っておくといいでしょう。

摂食障害のカウンセリングではどのようなことを聞かれるのですか?
悩みの内容にもよりますが、対人関係や恋愛問題・家庭環境など、今の心の悩みの根源について聞かれることが多いです。人の悩みというものは、今までの生活環境や幼少時のトラウマなど様々な要因が考えられます。特によく聞かれるのは、ライフスタイル・友人、恋人関係・どのような子供時代を送ったか・トラウマの有無などです。カウンセラーは相談者の緊張をほぐしながら、真剣に向き合って話を聞いてくれます。身構えず自然体でいれば問題ありません。

実際にカウンセリングを受けた人の声

摂食障害のカウンセリングに対して恐怖心を抱いているのであれば、まずは実際にカウンセリングをした人の声を参考にしてみましょう。

私はクリニックでカウンセリングを受けたときは親のことをよく聞かれました。(20代/学生)

私は摂食障害で定期的にカウンセリングを受けています。私の場合、親との関係が影響しているらしく、カウンセリングでも親のことをよく聞かれます。たまに自分をコントロールできなくなることがあるので、カウンセリングで毎回先生に相談しています。カウンセラーの先生はいつも親身になって話を聞いてくれるので、カウンセリングを受けるたびに心が軽くなります。

過去の振り返りや挫折した経験について思い出す作業をしました。(30代/会社員)

私が摂食障害のカウンセリングを受けた時は、まず自分の過去を振り返りました。そして、どんな人生を歩んできたのか、どんな家族構成かなどを話しました。次に、挫折した経験や今までの苦労について思い出す作業を行ない、自分を見つめ直すことができました。そうすることで問題点も明確になってくるので、これが悩みの解決につながっていると思います。

評判のいいクリニックのカウンセリングはこちら

摂食障害でカウンセリングを受けてみたいという時は、まずクリニック探しをすることが先決でしょう。下記サイトでは、摂食障害のカウセリングをメインにしているクリニックが見つかるサイトなので参考にしてみてください。

将来のためのカウンセリング~怖がらずにスムーズに話すコツ~

クリニックのカウンセリングに行こうと思っても、今まで誰にも相談できなかったことを見ず知らずの他人に話すのは少し抵抗がありますよね。ここでは、カウンセリングを受ける前にやっておくべき準備を紹介します。事前にしっかりと準備できていればカウンセリングも怖くありません。

カウンセリングを怖いと思う理由

自分の悩みを人に話すという行為はとても勇気のいることです。そのため、心の準備が整っていないとカウンセリングが怖く感じてしまいます。また、「きちんと話さないといけない」という気持ちが強い人は家庭環境に問題があるケースが多く、クリニックでカウンセリングを受ける時も「もっと頑張らないといけない」「完璧でなくてはならない」と自分を追い詰めてしまうことで怖く感じてしまうのです。他にも、自分が他人にどう思われているのか気にする人もカウンセリングを怖がる傾向にあります。

カウンセリングを受ける準備をする

カウンセリングで聞かれる内容を知っておくだけでも緊張はほぐれますが、さらに事前に準備をしておくことで、より恐怖心を和らげることができます。

話す練習
人にいきなり自分の悩みを打ち明けるのが怖い・緊張するという人は、事前にリハーサルをしておくといいでしょう。リハーサルと言っても脳内だけで済ませてしまうのではなく、ちゃんと声に出して練習するのがポイントです。実際に声を出すことで気が紛れて緊張も和らぎます。鏡の前で練習することで緊張感にも慣れて、話の矛盾点な変なところに気付くこともできます。
要点をメモする
話したい事がたくさんあっても、実際にカウンセリングの場に行ったら緊張して忘れてしまうということも珍しくありません。そんな時は、事前に話したいことをメモにまとめておくといいでしょう。カウンセリング中に話がとんでしまってもメモを見れば思い出せますし、それを持っているだけで不安も少しは和らぐのではないでしょうか。
暗記しない
カウンセリングで話す内容を一字一句全て暗記しようとする真面目な人がいますが、これは逆効果です。実際のカウンセリングの場で、覚えたセリフを間違わずに言えるかというプレッシャーwや不安で緊張が増すだけです。話す内容の要点さえ押さえておけば大丈夫です。大切なのはセリフ覚えることではなく、話を伝えることです。

ゆっくり話せば恐怖心も薄れる

ウーマン

人前で話す時に、緊張しているとどうしても早口になってしまいがちですよね。カウンセリングでは目の前にいるカウンセラーが自分の話をしっかりと聞いてくれるので、ゆっくりと話すように心掛けてみてください。ゆっくり話すことで相手に自分の伝えたいことが正確に伝わりますし、話しながら頭の中で話を整理することができるようになります。また、将来的に妊娠・出産したいという思いを打ち明けることで心が軽くなるでしょう。

TOPボタン